3D図面の標準化

3D図面の標準化

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D図面の標準化

「3D図面の標準化」について

◆ 概要

「3D図面の標準化」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により大容量3D図面を高速かつ正確に読み取り、3D図面の修正など適正化を行います。3D図面は、非常に多くの3Dデータを活用するため、「3Dデータの標準化」は重要です。「3Dデータの標準化」とは、変換エラーを防ぐため国際協力して国際標準の3Dデータとすることです。具体的には、トレランスは0.02mm、PDQとして微小面や重複面の削除です。この「3D図面の標準化」は、国際社会において3D図面を運用するにあたり、ISOが開発した3Dデータ品質基準、ISO10303-59 PDQ-Sに準拠してトレランス、品質の適正化を行います。「3D図面の標準化」された3D図面は変換エラーを防ぎ、長期保存データとして使用可能です。

3D図面の標準化

◆ 「3D図面の標準化」の特徴

世界標準:トレランスと品質の統一で変換エラーを撲滅


◆ 「3D図面の標準化」の関連機能