3D図面のステッチング

3D図面のステッチング

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D図面のステッチング

「3D図面のステッチング」について

◆ 概要

「3D図面のステッチング」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量3Dデータを読込みます。読み込まれた3Dデータに対し、設定されたトレランス内でサーフェイスを最適化しエッジ誤差をトレランス内に収めます。3D図面のステッチングは、円筒面、平面などのプリミティブ情報を維持しながらサーフェイスを最適化します。この3Dデータの最適化技術は、ロッキードマーチン社のF35開発における多国籍間マルチCAD運用で採用された最適化技術です。この3Dデータの最適化技術は、Advanced Repair Technology(ART)と呼ばれ、3Dデータの最適化後も幾何的属性を失うことなくアセンブリ拘束が可能方法です。修正された3Dデータは、「3Dデータの変換」により任意のフォーマットへ保存可能です。3D図面のステッチングは、3D図面に対応しています。

3D図面のステッチング

◆ 「3D図面のステッチング」の特徴

世界標準:CADデータの段差を人工知能による最適解で修正


◆ 「3D図面のステッチング」の動画

「3D図面のステッチング」の特徴は、トリムエッジが指定されたトレランス内で構成されない場合にサーフェイスを変形し合わせます。サーフェイスを変形した場合に円筒面や平面等の属性情報を維持したまま変形します。従って3Dデータを修正後にアセンブリ拘束が作成できないようなことは発生しません。

フェイスの3D図面のステッチング