バイナリー解析

バイナリー解析

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

バイナリー解析

バイナリー解析について

◆ 概要

3D図面や製造DX(デジタルトランスフォーメーション)を長期にわたり成功させる上でバイナリー解析技術は最重要項目です。3D図面の運用を考えた時に、何年位の3D図面運用期間を想定しますか?答えは、半永久的な運用を想定します。その場合に設計は、CATIA V5、NX等の設計CADを使用します。設計CADの寿命は、10年程度のためCADデータで3D図面の運用はできません。従って3D図面用の中間フォーマットに変換して3D図面運用を考えられています。その3D図面フィーマットは、JTフォーマット、STEP AP242フォーマットです。従って設計CADデータを3D図面フォーマットに変換する必要があります。CADデータを読み取る技術が、バイナリー解析技術です。バイナリー解析技術で作成されたトランスレータの特徴は、3Dデータがあればいつでも読み取れる、大容量データを高速かつ正確に読み取ることができます。設計現場には、古いCADデータも沢山存在し3D図面に変換する場合も多く存在します。バイナリー解析で作成されたトランスレータであれば、CADの種類に依存することなく、3D図面運用を半永久的に存続することが可能です。CADデータ読込みバイナリー解析技術は、1990年代に開発され、製品化されているものは、3D Evolution、3D Analyzer、Acrobat Readerです。 3D Evolutionは、国際標準化機構(ISO)のSTEP AP242の長期保存を実現しました。航空宇宙産業の長期保存期間は55年です。

バイナリー解析

◆ 「バイナリー解析」の特徴

✔ 3Dデータ活用において3Dデータの有効化を保証


◆ CADのバージョンアップ対応

CADのバージョンアップの対応は、バージョンアップが正式に発表されて約2週間で対応が完了します。例えばCATIA V5は、R18から内部の形状情報エリアに変更がありません。このようにCADが安定してくると形状情報には変更がなく、管理情報の部分に変更があります。バイナリ解析では、形状情報の頭出し部分の変更で読めることになります。その読込みもB-Rep情報、CGR情報、CADフィーチャー情報など選択して読むことが可能です。読込みスピードもCADより早く、大容量3Dデータを読み取ることが可能です。3D図面の運用では、CADデータを半永久的に読取り、変換する技術が必要となります。従って3D図面を運用を行い、成功しているのはバイナリー解析技術で成功した3D Evolutionだけです。ドイツ自動車工業会(VDA)や国際標準化機構(ISO)も3Dデータ活用を行うため1社独占を黙認しています。


◆ 国際標準化機構(ISO)の長期保存で活用

CT Core Technologie Groupは、3Dデータの入出力を確保するため、バイナリー解析技術により3Dインターフェイスを開発しています。この3Dインターフェイスにより、大容量3Dデータの長期にわたり安全で正確な高速変換が可能となります。このバイナリー解析技術で開発された3Dインターフェイスは、30種類以上のCAEソフト(MSC Software‥)やCAMソフト(Open Mind Technology‥)で採用されています。仮にこのバイナリー解析技術がなければ、3D図面や長期保存も実現が難しくインダストリー4.0の実現が不可能です。バイナリー解析技術により、CADの種類やバージョンに影響を受けることなく3D図面と長期保存により工数削減に成功しています。国際標準化機構(ISO)は、3Dデータの長期保存を行うためSTEP AP242を開発しました。主に航空宇宙産業で長期保存を行っていますが、長期保存期間は55年です。航空宇宙産業で長期保存する3Dデータは、CADDS、CATIA V4、CATIA V5データです。古いデータもあり、バイナリー解析技術がなければ、長期保存ができなく人命を保護することが難しくなります。。日本の防衛産業もCATIA V4を利用していますので同じように長期保存するためのはバイナリー解析技術が必要です。ヨーロッパの殆ど製造業は、バイナリー解析技術でCADデータを読取り効率化を行っています。

バイナリー解析