3D図面の効率化

3D図面の効率化

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D図面の効率化

「3D図面の効率化」について

◆ 概要

現在、運用されている3D図面の殆どは、3Dデータと簡易図面です。PMI情報を付加している場合もありますが、PMI情報は、製品データとCADデータの公差検証で使用しています。PMI情報は、文字情報でシステム間のフォントが違うため、3D図面のダイレクトトランスレータで自動的に正しく変換できたのか?を検証する手段がありません。3D図面にPMI情報があるため、日本国内は3D図面には必要との認識がありますが、PMI情報に振り回されると3Dデータの活用が進まず、海外製造業とのコスト競争に負けます。紙図面時代は概ね日本とドイツの製造工数比は100対66でしたが、紙地面から3D図面へ移行したドイツは、工数が半減したとのことで、単純に製造工数比は100対33となります。日本も本格的に3Dデータ活用を考える必要があります。

3D図面の効率化

◆ 「3D図面の効率化」の特講

世界標準:機密形状保護による安全な協調設計

世界標準:内部形状を削除した軽量データでシミュレーション

世界標準:設計データから1クリックで梱包・包装形状計算


◆ 「3D図面の効率化」を関連情報