3D図面の3Dデータ単純化

3D図面の3Dデータ単純化

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D図面の3Dデータ単純化

3D図面の3Dデータ単純化について

◆ 概要

3D図面成功の鍵は、トランスレータと3Dデータ単純化にあります。3Dデータ単純化は、3Dデータを活用し設計製造のコストダウンを図る目的で開発され、ドイツ自動車工業界で運用されています。3Dデータ単純化の機能は、3Dデータの軽量化、3Dデータの保護化、3Dデータの外形化に分類されます。3Dデータ軽量化は、3Dデータのポケットや穴などのフィーチャーを除去した形状を作成します。これにより軽いデータにより、ロボットシミュレーションやレイアウト検討を行います。3Dデータ保護化は、協調設計で3Dデータを提出する場合に、隠蔽したい部分のフィーチャーを削除して貞淑します。削除されたフィーチャーのエッジをワイヤーフレームとして残すことが可能です。3Dデータ外形化は、梱包設計に必要な形をアセンブルデータから作成します。この計算は、アウタートレランスで行われます。塗装ロボットようにアセンブル形状から外観形状の抽出を行いロボットシミュレーションが効率的に行われるような3Dデータを作成します。設計は、細かい情報が必要ですが、後工程では大雑把な形状が必要な場合が多いようです。その場合3Dデータ単純化を1クリックで計算させます。梱包設計が前倒しになるだけで半年以上の工数削減となります。3Dデータ単純化は、3Dバッチ処理に対応しています。

3D図面の3Dデータ単純化

◆ 「3D図面の3Dデータ単純化」の特徴

✔ 3Dデータに高度な数学を適用し明確なコストダウンを実現


◆ 「3Dデータ単純化」のビデオ

下図は、エンジン部品のパーツ軽量化を行っています。エンジン部品は勘合部分が平なため、その平面を塞ぐことによりパーツ軽量化を行うことができます。軽量化処理はポケットや穴フィーチャーなどを自動削除します。パート形状の軽量化を行ったパーツ形状は、3Dデータ変換により、任意のフォーマットで保存することができます。この任意のフォーマットをドイツ自動車工業会(VDA)は、JTフォーマットを指定しプロセスの効率化を行っています。このパーツ軽量化で処理された形状は、設計用の参照データ、ロボットシミュレーション用データとして使用できます。軽量化されたデータにより、シミュレーション回数は増えるためより精度良く検証作業が進みます。軽量化処理時間は、ノートPC(ThinkPadW541)で約10秒程度です。