3D図面の加工

3D図面の加工

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D図面の加工

3D図面の加工について

◆ 概要

3D図面が支給されると、まず製造方法の検討を行います。製造方法は、部品加工、金型加工、複合加工、積層加工の選択肢があります。紙ベースの日本の現状は、大量に生産するものは金型加工を中心、試作品は、部品加工や積層加工を行っています。大量生産の場合は、大量消費の裏付けが必要となります。その場合の予想は難しく、予想が外れた場合は、材料費や労働時間、保管スペースの無駄が発生し、廃棄コストも発生します。3D図面は、この問題を解決するためWeb用3Dデータも同時に作成され、購入予定者にWebベースで製品を表示し、製品の色等のスペックを選択し発注が可能となります。そうすることで在庫を持たないオンデマンド生産を行いコスト削減や利益率向上に繋がります。オンデマンド生産の場合は、生産数が限られますので、部品加工、複合加工や積層加工の選択肢が増えます。ここで言う積層加工は、積層技術と5軸加工技術のハイブリット加工です。この積層加工ですと難しい形状、例えばエンジンのシリンダーブロックを加工することが可能となります。また従来、部品加工や金型加工が難しく複数の部品に分割されていた部品を一つの部品として積層加工が可能となります。複合加工では、クランクシャフトの削り出しが可能となります。積層加工は、設計時間の短縮や性能向上に効果がありますこれらの加工方法は、hyperMILLで実現可能です。


◆ 「hyperMIL」の関連機能

hyperMILLは、単純な形状だけでなく複雑な形状も効率的にプログラムできます。hyperMILL®の広範に及ぶ加工方法を利用し、1回の段取りで加工対象を完全に加工できます。プロセスの統合化、合理化、処理時間の短縮・信頼性の向上などのメリットがあります。さらに、hyperMILLは、プログラミングの自動化、サイクルタイムの短縮、プロセスの最適化にいくつかのオプションを提供しています。例として、洗練されたフィーチャーテクノロジーおよびマクロテクノロジー、ミラーリングやトランスフォーメーションといった自動機能、ジョブリンクや製造モードなどの補助的に処理時間を最小限に抑える機能、および完全に自動化された干渉チェックと干渉回避機能があります。

hyperMILL

◆ 「シングルブレード加工」のイメージ動画

専用モジュール加工のシングルブレード加工のイメージです。専用モジュール加工では、計算に必要な部位を選択することで完璧な工具干渉を計算したパス計算を行います。

hyperMILL