トレランスチェック

トレランスチェック

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

トレランスチェック

JTデータのトレランスチェックについて

◆ 概要

トレランスチェックは、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量JTデータ(拡張子 *.jt)を高速かつ正確に読込みとります。読み取られたJTデータのフェイスエッジに対し、指定された位相を構成するトレランス以上の隙間、重複や隣接関係を持たないフリーエッジを検出します。隙間、重複やフリーエッジを含むフェイスは、フィルター機能で単独表示することが可能です。3Dデータは、トレランスの上で成り立っています。従って3Dデータ変換を行う時もエラーを回避するにはトレランスは、重要なファクターとなります。このトレランスを無視した3Dデータ変換作業が成功する場合もありますが、殆どの3Dデータ変換作業は失敗し、変換後に3Dデータ修正作業を行う必要があります。無駄な作業を行わないためにも3Dデータのトレランスには注意してください。3D Evolutionは、インターフェイスや3Dデータ検証機能がオプションですが、3D Analyzerは、マルチインターフェイス、マルチ3Dデータ検証のため大幅なコストダウンに繋がります。