クリアランスチェック

クリアランスチェック

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

クリアランスチェック

クリアランスチェックについて

◆ 概要

クリアランスチェックは、国際標準化機構(ISO)など国際的に評価の高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量3Dデータ(インプット情報)を高速かつ正確に読取ります。読み取られた3Dデータに対してクリアランスチェックを行います。クリアランスチェックは、アセンブリデータであれば、部品間の隙間チェックを行います。ワンパーツであれば面間の間隔チェックを行います。設計CADでのクリアランスチェックは時間が掛かりますが、この3D Analyzerや3D Evolutionのクリランスチェックは高速に処理します。設計が進むと大容量3Dデータのクリアランスチェックが、頻繁に行われることが多く、計算時間がコストに繋がります。クリアランスチェックの計算結果は、グラデーション表示され、ピック点での数値が表示されます。計算結果の表示情報は3D PDFに保存可能で共有化が簡単に図れます。3Dデータを加工に使用する場合に加工できるか否か、会社基準に合っているか否かを簡単に計測することが可能です。共有された3D PDFは、Acrobat Readerで確認できます。3D Evolutionは、インターフェイスや3Dデータ検証機能がオプションですが、3D Analyzerは、マルチインターフェイス、マルチ3Dデータ検証のため大幅なコストダウンに繋がります。


◆ 「クリアランスチェック」の特徴

✔ マルチ3Dデータの部品間隙間を検証


◆ 「クリアランスチェック」のイメージ動画

クリアランスチェックの特徴は、マルチ3Dデータ間の部品距離の検証が可能です。下の動画は、部品を選択してクリアランスの検証を行っています。クリアランスレンジを表示しているカラーパレットは、自由に変更が可能です。クリアランスチェックの検証結果は、3D PDFに保存することで共有化は簡単です。

クリアランスチェック

◆ 「クリアランスチェック」のインプット情報

クリアランスチェックは、国際標準化機構(ISO)など国際的に評価の高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量3Dデータを高速かつ正確に読取ります。読み取られた3Dデータに対してクリアランスチェックを行います。クリアランスチェックは、アセンブリデータであれば、部品間の隙間チェックを行います。3D Evolutionは、インターフェイスやクリアランスチェックがオプションですが、3D Analyzerは、マルチインターフェイス採用のため大幅なコストダウンに繋がります。

インプットフォーマット 拡張子
3DXML *.3dxml
Acis *.sat
*.sab
CATIA V5 *.CATProduct
*.CATPart
*.cgr
Creo *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
iCAD *.x_t
*.x_b
IFC *.ifc
IGES *.iges
*.igs
Inventor *.iam
*.ipt
JT *.jt
NX *.prt
Parasolid *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
Solid Edge *.par
*.asm
*.psm
SolidWorks *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEP *.step
*.stp
*.stpx
*.stpZ