iCADデータの曲率チェック

iCADデータの曲率チェック

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

iCADデータの曲率チェック

iCADデータの曲率チェックについて

◆ 概要

曲率チェックは、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により様々な大容量iCADデータ(拡張子 *.x_t、*.x_b)を高速かつ正確に読み取ります。読み取られたiCADデータに対して曲率チェックを瞬時に実行します。3D Analyzerや3D Evolutionの曲率チェックの主な用途は、設計業務では、サーフェスの歪みを調べたり、製造業務では加工できる工具径を調べることができます。ピック点での曲率半径の表示やグラデーション表示により、全体の曲率変化を調べることができます。曲率チェックの計算結果は、3D PDFやHTMLにレポートすることで共有化が可能です。共有された3D PDFは、Acrobat Readerで確認できます。3D Evolutionは、インターフェイスや3Dデータ検証機能がオプションですが、3D Analyzerは、マルチインターフェイス、マルチ3Dデータ検証のため大幅なコストダウンに繋がります。