3DXMLデータの生技性チェック

3DXMLデータの生技性チェック

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3DXMLデータの生技性チェック

3DXMLデータの生技性チェックについて

◆ 概要

生技性チェックは、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量3DXMLデータ(拡張子 *.3dxml)を読取り生技性チェックを行います。生技性チェックは、ボディ内のボスやリブ間距離や穴の位置関係で加工上不都合な形状部分を距離によってグラデーション表示します。エンジンのシリンダーブロックは複雑な形状です。そのような複雑な形状の生技性チェックは、問題がない面を半透明や非表示にして内部に隠された問題点を表示する必要があります。3D Analyzerや3D Evolutionの生技性チェックは、問題ない面を半透明や非表示にしたり、または断面カットにより細部に渡り問題点を簡単に検証することが可能です。3D Evolutionは、インターフェイスや3Dデータ検証機能がオプションですが、3D Analyzerは、マルチインターフェイス、マルチ3Dデータ検証のため大幅なコストダウンに繋がります。