3DAモデルのはじめかた

3DAモデルのはじめかた

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3DAモデルのはじめかた

3DAモデルのはじめかたについて

◆ 3DAモデルはじめかたの概要

日本の製造業界は、3DAモデルの普及と効果的な活用に関して国際的なトレンドに遅れを取っているとの認識が広がっています。この状況は、製品の設計、生産、検査に至る一連のプロセスの効率化において大きなハンディキャップとなり得ます。特に高度な製造技術や精密部品を扱う業界において、3DAモデルは設計変更の迅速化、精度の向上、コスト削減など、多方面にわたるメリットをもたらします。

欧米の先進的な航空宇宙団体(LOTAR)やドイツ自動車工業会(VDA)では、3DAモデルの活用が製品開発プロセスの効率化や柔軟性の向上に大きく貢献しています。これらの産業では製品の複雑性や設計の頻繁な変更に迅速に対応する必要があり、3DAモデルはその要求に応える重要なツールとなっています。

さらに、3DAモデルは製品リリース後のアフターフォローにも重要な役割を果たします。リリース後に製品の安全性や設計修正情報を長期保存形式で保存し、必要に応じて製品を修正することで、トラブルの件数を抑制することができます。

国際的な動きとして、JTフォーマットやSTEP AP242などの標準フォーマットが注目されています。これらは、3DAモデルの取り扱いや変換に関する技術やツール(3D Evolution、3D Analyzer)の進化を支えており、データの品質確保や長期保存、再利用において重要な役割を担っています。特にAP242XMLは、3DAモデルの長期保存やデータの再利用において、強力なツールとして位置づけられています。

日本の製造業界が3DAモデルの普及と効果的な活用を進めるためには、国際的なトレンドやベストプラクティスの学習と導入が不可欠です。国際基準に沿った取り組みを通じて、日本の製造業界は国際的な競争力を高め、製品開発サイクルを効率化し、製品品質の向上に寄与することができるでしょう。

3DAモデルのはじめかた

2024年01月

◆ 3DAモデルに必要なツール

- 3D Evolution:CAD to 3DAモデル変換エンジン(LOTAR、VDAが使用)

- 3D Analyzer:CADデータ、3DAモデルの検証ビューワ(LOTAR、VDAが使用)

- 4D Additive:3Dプリンター用変換エンジン

2023年12月