3D Analyzer

3D Analyzer

TEL. 03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D Analyzer

3D Analyzerについて

3D Analyzerは、マルチ 3Dビューワをベースとした3Dデータの検証ツールです。3Dデータの読込みは、国際標準化機構(ISO)など国際的に評価の高いバイナリー解析技術により、大容量3Dデータを高速かつ正確に読み取ります。読取り可能な情報は、B-Rep情報(形状情報)、CADフィーチャー情報、テッセレーション情報、PMI情報です。3D Analyzerは、ISOのSTEP AP242フォーマットやJTフォーマットなど3D図面に対応しています。3Dデータの検証機能としてPDQチェック、干渉チェック、肉厚チェック、3Dデータ比較、生技性チェックなど様々な検証機能を搭載しています。海外で普及している3D図面は、DX(デジタルトランスフォーマーション)を具現化しています。日本の製造業は、80%の企業が3Dデータ変換にトラブルを抱えていますが、3D Evolutionが普及している海外では、3Dデータ変換のトラブルを解決しています。3D Evolutionと同じユーザインターフェイスを搭載している3D Analyzerが3Dデータの検証を行うツールとなっています。3D Analyzerは、1クリックで様々な事象を高速に処理します。


◆ 「3D Analyzer」のビデオ

3D Analyzerの3Dビューワとしての基礎機能の動画です。形状を測定したりアセンブルのパーツを非表示にしたりしています。操作は簡単でマルチ3Dデータに対して出来ますので3Dデータを活用するには、必要な機能です。欧州の3D図面運用では、標準の3Dビューワとして運用されています。



◆ 「3D Analyzer」のシステム図

3D Analyzer

◆ 「3D Analyzerのリーフレット」のダウンロード(PDF)


◆ 「3D Analyzer」の機能

3D Analyzerは、マルチ3Dデータに対して3Dデータの表示と検証に特化した機能を搭載しています。スタンダード・パッケージは、3Dデータの表示と形状測定が可能です。プロフェッショナル・パッケージは、更に3Dデータ検証機能としてトレランスチェック、PDQチェック、同一性チェック、JTチェック、形状比較、肉厚チェック、生技性チェック、干渉チェック、クリアランスチェック、ドラフトチェック、アンダーカットチェック、曲率チェック、曲面上距離、干渉距離、投影面積が可能です。プロフェッショナル・パッケージは、検証結果を3D 3D PDFフォーマット、JTフォーマット、CTフォーマットに保存が可能です。3Dデータの検証機能は、3Dデータの品質に関する機能、設計要件に関する機能、製造要件に関する機能です。3D図面化が進む海外では3Dデータの検証ができるマルチ 3Dビューワは、必須ツールです。

3D Analyzer

◆ 「3D Analyzer」の背景

3Dデータの活用が始まりますとマルチ 3Dビューワの需要が高まります。マルチ 3Dビューワの条件として3Dデータはダイレクトに読み取るバイナリー解析技術が搭載されていること、製造に必要な3Dデータを解析するツールが搭載されていること、解析結果をレポートする機能が搭載されていること、操作が単純であることです。3D Analyzerは、様々な3Dデータをダイレクトに読取り、PMIなど3D単独図の情報やCADフィーチャー情報を読み取ることができます。3Dデータの品質検査として欧州標準のPDQチェック機能、設変や3Dデータ変換の保証を得る3Dデータ比較機能などが搭載できます。3D Analyzerは、欧州の標準マルチ 3Dビューワです。