3Dデータ検証

3Dデータ検証

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dデータ検証

3Dデータ検証について

3Dデータ検証は、国際標準化機構(ISO)など国際的に評価の高いバイナリー解析技術により、大容量3Dデータ(インプット情報)を高速かつ正確に読み取ります。3D Analyzerや3D Evolutionは、正確に読み込まれた3Dデータに対し、様々な3Dデータ検証を行います。この3Dデータ検証は、製造業に必要な要件を3Dデータに適用して合否判定を促します。代表的な3Dデータ検証の機能は、PDQチェック、ドラフトチェック、3Dデータ比較、生技性チェックです。検証結果は、オリジナルのCTフォーマット、3D PDF、HTMLに記録し共有化が可能です。製造業のコスト削減は、図面を無くし3Dデータの情報を有効に使うしかありません。3Dデータの流用が多くなると3Dデータの信頼性を担保する必要があります。3Dデータの流通が多いドイツなどでは、設計データを特定の3Dデータ(JTデータ)に変換することをドイツ自動車工業会(VDA)が取り決め、運用し成果を揚げ、さらなる未来を見据えています。3D Analyzerや3D Evolutionは、VDAの3D図面化に寄与しています。3D Evolutionは、設計CADデータをPDQ最適化(品質補正)を行いJTデータ変換、3Dデータ比較による変換検証を3Dバッチ処理で行っています。3D Evolutionは、インターフェイスや3Dデータ検証機能がオプションですが、3D Analyzerは、マルチインターフェイス、マルチ3Dデータ検証のため大幅なコストダウンに繋がります。今後、コストダウンと製品精度の向上のため3D図面が発達します。3D図面の精度は、その会社の未来に影響を与えます。




3Dツール比較 3D Analyzer vs. 3D Evolution

3D Analyzerや3D Evolutionの3Dデータ検証おける差異について説明します。まず対象とする3Dデータですが3D Analyzerは、メーカが対応している3Dデータが全て対象です。それに対して3D Evolutionは、ライセンス契約に基づいた3Dデータが対象となります。3Dデータ検証機能も3D Analyzerは、全ての検証機能が使用可能ですが、3D Evolutionは、やはりライセンス契約した機能のみに限定されます。従いまして3D Evolutionは、3Dバッチ処理が可能なため3Dデータ変換を処理した後に、3Dデータ比較により変換前データと変換後データの比較を行い変換保証行ったり、比較結果の差分面を任意のフォーマットに抽出保管したりします。下図のアウトプットは、3D Evolutionは、ライセンス契約により様々なフォーマットに出力できますが、3D Analyzerは、JTや3D PDFの表示フォーマットまたは、3D Analyzer独自のCTフォーマットの出力となります。ユーザインターフェイスや操作性は全く同じです。

3Dデータ検証