バイナリー解析技術

バイナリー解析技術

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

バイナリー解析技術

バイナリー解析技術について

3D図面を成功させる上でバイナリー解析技術は最重要項目です。3D図面の運用を考えた時に何年位の3D図面運用期間を想定しますか?。答えは、半永久的な運用を想定します。その場合に設計は、CATIA V5、NX等の設計CADを使用します。設計CADの寿命は、10年程度のためCADデータで3D図面の運用はできません。従って3D図面用の中間フォーマットに変換して3D図面運用を考えられています。その3D図面フィーマットは、JTフォーマット、STEP AP242フォーマットです。従って設計CADデータを3D図面フォーマットに変換する必要があります。その場合にCADデータを読み込んで設計CADデータに変換するトランスレータが必要となります。CADデータを読み取る技術が、バイナリー解析技術です。バイナリー解析技術で作成されたトランスレータの特徴は、3Dデータがあればいつでも読み取れる、大容量データを高速かつ正確に読み取ることができます。設計現場には、古いCADデータも沢山存在し3D図面に変換する場合も多く存在します。バイナリー解析で作成さえたトランスレータであれば、CADの種類に依存することなく、3D図面運用を半永久的に存続することが可能です。CADデータ読込みバイナリー解析技術は、1990年代に開発され製品化されているものは、3D Evolution、3D Analyzer、Acrobat Readerです。 3D Evolutionは、国際標準化機構(ISO)のSTEP AP242の長期保存を実現に携わっています。航空宇宙産業の長期保存期間は55年です。

バイナリー解析技術

◆ 国際標準化機構(ISO)の長期保存で活用

国際標準化機構(ISO)は、3Dデータの長期保存を行うためSTEP AP242を開発しました。主に航空宇宙産業で長期保存を行っていますが、長期保存期間は55年です。航空宇宙産業で長期保存する3Dデータは、CADDS、CATIA V4、CATIA V5データです。古いデータもありバイナリー解析技術がなければ長期保存ができません。日本の防衛産業もCATIA V4を利用していますので同じように長期保存するためのはバイナリー解析技術が必要です。ヨーロッパの殆ど製造業は、バイナリー解析技術でCADデータを読取り効率化を行っています。

バイナリー解析技術