投影面積計算

投影面積計算

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

投影面積計算

投影面積計算について

投影面積計算は、国際標準化機構(ISO)など国際的に評価の高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに様々な大容量3Dデータ(インプット情報)を読取り、3D形状を任意方向の平面に投影した投影面積、PLライン、最少境界ボックスの計算を行います。投影面積計算は、アセンブルやパーツ形状、テッセレーション形状に対し有効です。3D Evolutionの場合は、3Dデータ変換により、投影されたできた平面フェイスを任意のフォーマットに変換することが可能です。投影面積計算の用途は、型締力の計算や金型の大雑把な見積、梱包形状の計算に使用できます。投影面積計算の計算結果は、3D PDFに保存可能なため共有化が簡単です。3D Evolutionは、インターフェイスや3Dデータ検証機能がオプションですが、3D Analyzerは、マルチインターフェイス、マルチ3Dデータ検証のため大幅なコストダウンに繋がります。


◆ 「投影面積計算」のビデオ

投影面積計算の特徴は、マルチ3Dデータの投影面積を高速に計算できることです。ハイエンドCADにも投影面積を計算できるCADは少ないです。投影面積の必要性は、設計上はある範囲から見える領域の計算、生産技術上は型締め力の計算があります。梱包設計に使用することも可能です。また購買部での見積計算で投影面積や最小境界ボックスが必要な場合もあります。投影面積の計算と同時にPLラインの計算も可能です。この3D図面の投影面積計算は非常に高速で操作は簡単です。