マルチ 3Dビューワ

マルチ 3Dビューワ

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

マルチ 3Dビューワ

マルチ 3Dビューワについて

マルチ 3Dビューワは、国際標準化機構(ISO)など国際的に評価の高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量3Dデータ(インプット情報)を高速かつ正確に読込み表示、計測、検証が可能です。読み取る情報は、アセンブル、形状(B-Repやファセット‥)、PMI、CADフィーチャー情報です。PMI情報の表示可能なフォーマットは、CATIA V5、NX、Creo、JT、STEP AP242、3DXMLです。CADフィーチャー情報の表示可能なフォーマットは、CATIA V5、NX、Creo、Proe、SolidWorksです。この3D ビューワは、製造業に必要な様々な検証を実行できます。製造業に必要な検証とは、PDQチェック、3Dデータの形状比較、ドラフトチェックなどです。製造業のコストを半減させる3D図面では、3Dデータが設計変更された場合、新旧データを形状比較することにより、設計変更部位が明確になることで安心して作業ができます。また3D図面変換においては、変換元のCADデータと変換先の3D図面データを比較して変換保証が可能です。CADでは開くことができない大容量かつ様ざまなフォーマットを1Windowに表示して検証することが可能なため、いままで確認できない情報の確認が行なえ品質向上に繋がります。3Dデータでの情報やりとりが主流になった場合は、スピードと精度は、コストに直結します。このマルチ3D ビューワの開発意図は、航空宇宙産業の長期保存期間が55年と決定したため、その長期保存期間に耐えられるようにCADインターフェイスをバイナリー解析技術で対応し、3Dデータの閲覧を可能にすることと同時に、3D図面時代のマルチ 3Dビューワに対応することです。3D Evolutionは、インターフェイスや3Dデータ検証機能がオプションですが、3D Analyzerは、マルチインターフェイス、マルチ3Dデータ検証のため大幅なコストダウンに繋がります。


◆ 「マルチ 3Dビューワ」のビデオ

3D図面は、3Dデータの活用を意味します。その時に3D図面データを手軽に扱う必要があります。例えば頂いた3Dデータの寸法を測定したり、設変された場所をどこなのか?3D図面の品質は問題ないか?などです。3D図面は、2つの標準があり1つはフォーマット、もう1つはトレランスです。ドイツ自動車工業会(VDA)は、フォーマットは、JTフォーマット、トレランスは0.02mmと決まっています。トレランスは、PDQチェックで調べますが、アルゴリズムも決まっていて国際標準化機構(ISO)から長期保存運用をするため提供されています。これで3D図面を流通する準備が整ったわけです。あとは各社で3D図面を受け取り、設変チェック、PDQチェックを行ったあとは、自社のシステムへ3Dデータを変換する必要があります。その時にも3Dデータ比較で変換元データと変換先データの比較を行う必要があります。変換ソフトは、欧州の3D図面は、ISOの信頼性が高い3D Evolutionを使用しています。3D Analyzerで様々な3Dデータを検証をノンCADユーザでも対応可能にするため1クリックで検証を行い表示することができます。また検証結果は3D PDFに保存することで共有化がはかれます。この3D Analyzerは、ISOかあも高い評価を受けているバイナリー解析技術で行っています。このバイナリー解析技術のお陰により、航空宇宙団体(LOTAR)は、CADデータの長期保存年数を55年に設定しています。またバイナリー解析技術を使用することでCATIA V4、I-Deas、CADDSなどのレガシーデータを直接読み取ることが可能です。



◆ 表示情報について

表示機能 機能詳細
ツリー表示エリア ● プロダクトツリー
● アノテーションツリー
● フィーチャーツリー
形状表示エリア ● B-Rep表示
● ファセットデータ
● PMI
標準表示状態 ● エッジ付きシェーディング
● エッジなしシェーディング
● ワイヤーフレーム表示
● 陰線処理表示
● マテリアル適用シェーディング
フィルターリング ● PMI(画面とPMI平面の角度で自動)
● フリーエッジの表示・非表示
● 座標軸の表示・非表示
● 曲線の表示・非表示
● コメントの表示・非表示
● 穴がある部位の表示
●トポロジー誤差がある部位の表示
その他 ● 断面カット
● 任意ビュー保存・表示
● 面直表示

◆ 注記情報について

注記機能 機能詳細
寸法作成 ● 座標値寸法作成
● 距離寸法作成
● 角度寸法作成
● 円寸法作成
● 周長寸法作成
● 円中心寸法作成
● 表面積値作成
● 体積値作成
注釈作成 ● 文字列表記作成
バンダリーボックス ● 形状の最外形ボックス寸法作成