ダイレクトモデリング

ダイレクトモデリング

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

ダイレクトモデリング

「ダイレクトモデリング」について

◆ 概要

「3D Evolution」による「ダイレクトモデリング」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術によりダイレクトに大容量3Dデータ(インプット情報)を読込みます。読み込まれた3Dデータに対し面要素を平行移動、回転移動、スケール移動、フィレットRや円筒形状の半径値の修正など「ダイレクトモデリング」が可能です。「3D Evolution」の「ダイレクトモデリング」の主な使用目的は、寸法公差を中間公差に形状を変更し加工データとして使用します。要するに設計データに反映されない現場の細かな仕様を3Dデータに埋め込みます。「ダイレクトモデリング」により変更された形状は、「3Dデータ変換」で任意のフォーマットで保存しCAMソフト等で使用することが可能です。


◆ 「ダイレクトモデリング」の特徴

✔ 世界標準のダイレクトモデリング機能


◆ 「ダイレクトモデリング」のイメージ動画

下図は、テストデータで「ダイレクトモデリング」の使用方法を確認しています。この「ダイレクトモデリング」の目的は、主にフェイスの公差調整を行う目的で使用します。3Dデータの流通が多くなると公差調整(主に中間公差)を行う作業が多くなるため、公差調整を行いCAM等のシステムへ「3Dデータ変換」を行います。

ダイレクトモデリング

◆ 「ダイレクトモデリング」のインプット情報

「ダイレクトモデリング」の適用可能なフォーマットリストを記載します。各フォーマットのB-Rep要素が対象となります。実際に利用可能なフォーマットはライセンス契約によって異なります。

インプットデータ 拡張子
3DXMLデータ *.3dxml
Acisデータ *.sat
*.sab
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
iCADデータ *.x_t
*.x_b
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
NXデータ *.prt
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
*.stpx
*.stpZ