3Dデータ効率化

3Dデータ効率化

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dデータ効率化

3Dデータ効率化について

◆ 概要

「3Dデータ効率化」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量3Dデータ(インプット情報)を読込み、3Dデータ効率化を行います。「3Dデータ効率化」は、3Dデータを活用することより設計の後工程を効率的に運用するためにインダストリー4.0から登場した機能です。この「3Dデータ効率化」は、1クリックで処理可能なため、「3Dバッチ処理」で行われています。例えば、梱包設計に対するアプローチがあります。設計が完了した段階で梱包用の空間形状を簡単な形状表現で作成し、製品が出来上がった段階で出荷ができるようになります。このことだけでも生産工数が半年ほど短縮されます。設計変更が発生した場合でも梱包空間は、1クリック、数分で計算が完了します。「3Dデータ効率化」は、フィーチャー除去による「3Dデータ軽量化」、隠したい部分を単純化する「3Dデータ保護化」、ロボットシミュレーション等の3Dデータを作成する「3Dデータ外形化」、ハーネス設計環境を構築する「ハイブリット軽量化」、複雑なアセンブリ形状を包み込む形状を作成する「シュリンクラップ軽量化」、簡単な形状で梱包空間を作成する「バウンダリーシェイプ軽量化」から成り立っています。3Dデータを活用するには、この「3Dデータ効率化」が必要です。基本的なコンセプトは1クリック、高速処理です。

3Dデータ効率化

◆ 「3Dデータ効率化」の特徴

✔ 3Dデータに数学を適用し製造コストダウン


◆ 「3Dデータ効率化」の関連機能

「3Dデータ効率化」は、設計データを後行程で有効に使用するため特殊な計算を行います。「3Dデータ効率化」を行うと3Dデータの容量が削減されます。後工程とは、協調設計、ハーネス設計、パイピング設計、ロボットシミュレーション、物流の梱包設計などに使用するデータを自動作成します。ダイムラー社の事例では、PDMにチェックインしたタイミングで自動作成されます。すべての情報の機密部分は、削除され簡単な形状に置き換わるため、協調設計など外部協力会社様に3Dデータを安全で軽いデータとして「3Dデータ変換」により任意のフォーマットで出力できます。


3Dデータ効率化