航空宇宙団体(LOTAR)と型式認証

航空宇宙団体(LOTAR)と型式認証

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

航空宇宙団体(LOTAR)と型式認証

航空宇宙団体(LOTAR)と型式認証について

航空宇宙産業におけるデジタルデータの長期アーカイブと検索のためのLOTAR(Long Term Archival and Retrieval)規格は、航空機やエンジン、部品の設計および製造が安全基準や規格に準拠していることを確認する上で不可欠な要素である。この規格は、デジタルデータが将来の技術的な変化にも対応できる形で保存され、データの移行やアクセスが容易になることを保証する。特に、航空宇宙産業においては、製品のライフサイクルが非常に長いため、数十年後でもアクセス可能なデータの保存が求められる。

LOTAR規格は、データの構造やフォーマット、アクセス方法に関する明確なガイドラインを提供し、国際標準規格であるISO 10303やISO 14739との連携を通じて、データの互換性や再利用性を高めている。ISO 10303(STEP)は、製品データの表現と交換のための規格であり、データの一貫性と正確性を保証する。一方、ISO 14739は、3DデータのPDF形式での保存を規定しており、データの可視化と共有を容易にする。

LOTAR規格の導入により、航空宇宙産業は長期にわたるデータ保存とアクセスが保証されるだけでなく、将来の技術的進化やCADシステムの変更にも対応可能となる。データの保存が標準化されたフォーマットで行われるため、技術の変化に伴うデータの移行が容易になり、システム間のデータ交換がスムーズに行われる。また、これによりデータの再利用が促進され、設計から製造、保守に至るまでの各段階でのデータの正確性と一貫性が保たれる。

さらに、LOTAR規格は保存されたデータが常に最新の安全基準や規格に準拠していることを確認できるようにすることで、製品の安全性と信頼性を保証する。効率的なデータ管理が実現され、データの構造化と整理が促進されるため、データ検索とアクセスの効率が向上する。

LOTAR規格は航空宇宙産業におけるデジタルデータの長期保存とアクセスを支える重要な基盤である。この規格により、製品の安全性、信頼性、効率性が向上し、企業は持続可能な成長を遂げ、国際的な競争力を維持することが可能となる。これらの技術的基盤は、航空宇宙産業の未来を支え、より高品質な製品の提供を促進する。

2024年03月

◆ 型式認証の目的

- 航空機の安全性向上と国際基準の遵守

- 製品の信頼性評価と適合性の確保

- 新技術の導入と航空機産業の発展支援

2023年10月

◆ 型式認証の効果

- LOTARは産業標準を提供し、製品間のデータ交換を効率化

- 型式認証は製品が規格に準拠していることを保証し、信頼性を高める

- 両者の組み合わせは航空宇宙産業における品質と安全性を向上させる

2023年10月

◆ 型式認証の特徴

- 航空宇宙団体(LOTAR)が規定したCADデータの長期保存と型式認証

- 品質検査は、国際標準化機構(ISO)の10303-59(PDQ-S)で対応

- 変換保証は、国際標準化機構(ISO)の10303-62(Equivalence)で対応

2023年10月

◆ 型式認証に必要な機能

2023年10月