3Dデータの検証

3Dデータの検証

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dデータの検証

「3Dデータの検証」について

◆ 概要

「3Dデータの検証」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、大容量3Dデータを高速かつ正確に読み取ります。「3D Analyzer」や「3D Evolution」は、正確に読み込まれた3Dデータに対し、様々な「3Dデータの検証」を高速に実行します。代表的な「3Dデータの検証」の機能は、「干渉チェック」・「PDQチェック(ISO 10303-59)」・「ドラフトチェック」・「比較チェック」・「生技性チェック」です。「3Dデータの検証」の検証結果は、オリジナルのCTフォーマット、3D PDF、HTMLに保存され共有化が可能です。製造業のコスト削減は、図面を無くし3Dデータの情報を有効に使うのが世界のスタンダードです。3Dデータの流用が多くなると3Dデータの信頼性を担保する必要があります。

3Dデータの検証

◆ 「3Dデータの検証」の効果

世界標準:マルチ3Dデータの検証による業務効率化・コスト削減

世界標準:3D Analyzerは、インタラクティブ処理に対応

世界標準:3D Evolutionは、検証機能をバッチ処理に組込む


◆ 「3Dデータの検証」のプロセス

「3Dデータの検証」は、3Dデータを活用するためには必要な機能です。機能は、「ドラフトチェック」(抜き勾配チェック)や「比較チェック」で形状変更箇所の把握や変換前後の3Dデータを比較して変換ミスがないかどうかのチェックを行います。また国際標準化機構(ISO)のPDQ-Sを実行して不正な要素を検査することができます。「3D Analyzer」や「3D Evolution」の「3Dデータの検証」は、バイナリー解析技術により高精度かつ高速に3Dデータを読みとります。読みとった3Dデータは1クリックで検証し、検証結果は、JTフォーマットや3D PDFフォーマット、HTMLフォーマットに出力できます。「3D Analyzer」は、インタラクティブでオペレータが確認する目的で使用します。「3D Evolution」は、バッチ処理に検証機能を組み込む目的で使用します。

3Dデータの検証

◆ 「3Dデータの検証」の関連機能


「3D Analyzer」 vs. 「3D Evolution」の違い

「3D Analyzer」や「3D Evolution」の「3Dデータの検証」おける差異について説明します。まず対象とする3Dデータですが「3D Analyzer」は、開発元が対応している3Dデータが全て対象です。それに対して「3D Evolution」は、ライセンス契約に基づいた3Dデータが対象となります。「3Dデータの検証」も「3D Analyzer」は、全ての検証機能が使用可能ですが、「3D Evolution」は、やはりライセンス契約した機能のみに限定されます。「3D Evolution」は、「バッチ処理」が可能なため「3Dデータの変換」を処理した後に、「比較チェック」により変換前データと変換後データの比較を行い変換検証行ったり、比較結果の差分面を任意のフォーマットに変換し保管できます。以下は、3D図面を達成するための機能分類メニューです。

3Dデータ検証