3Dデータ検証

3Dデータ検証

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dデータ検証

3Dデータ検証

3D Analyzerや3D Evolutionの3Dデータ検証は、国際標準化機構(ISO)など国際的に評価の高いバイナリー解析技術により、高速かつ正確に3Dデータを読みます。3D Analyzerや3D Evolutionは、正確に読み込まれた3Dデータに対し、様々な3Dデータ検証を行います。この3Dデータ検証は、製造業に必要な要件を3Dデータに適用して使用可能かどうかを検証します。代表的な3Dデータ検証機能は、PDQチェック、ドラフトチェック、比較チェック、生技性チェックです。特に3Dデータが供給された場合は、3Dデータの状態を確実に把握しなくては、仕事は先に進めません。設計CADでもドラフトチェックは可能ですが、コストが違います。特にコスト面で安い3D Analyzerは、標準でマルチフォーマットに対してドラフトチェックが可能です。3Dデータ検証は、出来ればソフトウェアは統一しておいた方が良いでしょう。検証ツールによる検証結果の違いで戸惑います。特にPDQチェックは、日本で普及していませんが、検証ツールによる違いが顕著に発生し、ISOがPDQチェックの検証動作をプログラム言語で定義し直したことが有名な話です。3Dデータ検証が不安定だと3D図面や3Dデータ長期保存の話がまとまりません。現在、ISOがあるスイスを中心にエアバス社、ドイツ自動車工業会(VDA)で検証ツールの標準化により3D Evolutionと3D Analyzerは選定されています。この3Dデータ検証機能は、3Dバッチ処理に対応しています。3D図面運用で大幅なコストダウンが実現できますが、3Dデータ検証機能は3D図面運用に必要な機能です。


3Dデータ活用ツール

世界で運用されている3Dデータ活用ツールは、主にCADデータをSTEP AP242やJTフォーマットに3Dデータ変換を行う3D Evolution、3Dデータ検証を行う3D Analyzer、3Dデータに対して加工パスを作成するhyperMILLです。これらのツールは、3D図面で成功したエアバス社とダイムラー社で使用されているツールです。3D Evolutionと3D Analyzerの特徴は、国際標準化機構(ISO)のSTEP AP242の開発に協力し、STEP AP242に対応済です。基本的なエンジンは、バイナリー解析技術によりCADファイルがあれば簡単に様々な3Dデータに変換できます。3D Analyzerは、豊富な3D図面解析ソフトにより現場で加工準備の手助けを行います。hyperMILLは、得意な5軸加工と積層加工のハイブリット加工により金型を使用しないで製品を作成することが可能です。これらソフトウェアは、インダストリー4.0の最終目標であるオンデマンド生産をすることで労働時間を減らし製品の利益率を上げ、労働者に利益を分配するためにあります。

3Dデータ検証