3Dデータ検証

3Dデータ検証

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dデータ検証

3Dデータ検証について

◆ 概要

「3Dデータ検証」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、大容量3Dデータ(インプット情報)を高速かつ正確に読み取ります。3D Analyzerや3D Evolutionは、正確に読み込まれた3Dデータに対し、様々な「3Dデータ検証」を行います。この「3Dデータ検証」は、製造業に必要な要件を3Dデータに適用し合否判定を行います。代表的な3Dデータ検証の機能は、「干渉チェック」・「PDQチェック」・「ドラフトチェック」・「3Dデータ比較」・「生技性チェック」です。検証結果は、オリジナルのCTフォーマット、3D PDF、HTMLに保存され共有化が可能です。製造業のコスト削減は、図面を無くし3Dデータの情報を有効に使うのが世界のスタンダードです。3Dデータの流用が多くなると3Dデータの信頼性を担保する必要があります。3D図面データの流通量が多いドイツなどでは、設計データをJTデータに変換することをドイツ自動車工業会(VDA)が取り決め、運用し成果を揚げています。3D Evolutionは、設計CADデータを「PDQ適正化」を行いJTデータ変換、「3Dデータ比較」による変換保証を「3Dバッチ処理」で行っています。3D Evolutionは、インターフェイスや「3Dデータ検証」がオプションですが、3D Analyzerは、マルチインターフェイス、マルチ 「3Dデータ検証」のため大幅なコストダウンに繋がります。3D図面データ運用は、設計CADとしてCATIA V5、NX、3D図面化ツールとして3D Evolution、自動車産業としてドイツ自動車工業会、航空宇宙産業としてエアバス、国際団体として国際標準化機構が10年近い歳月を費やし完成しています。


◆ 「3Dデータ検証」の特徴

✔ マルチ 3Dデータの品質・生技性・安全性を検査


◆ 「3Dデータ検証」の関連機能

「3Dデータ検証」は、仕事を始める前に3Dデータの情報を調べます。例えば大きさはどれくらい、抜き勾配の状態、品質は問題ないのか、前回のデータとどこが変わったのかなどを調べます。3D Analyzerは、マルチCADフォーマットに対応していますので設計データがあれば調べることが可能です。3D Evolutionは、購入したCADインターフェイスに対して調べることや3Dバッチ処理が可能です。


3Dデータ検証ツールの比較 3D Analyzer vs. 3D Evolution

3D Analyzerや3D Evolutionの3Dデータ検証おける差異について説明します。まず対象とする3Dデータですが3D Analyzerは、メーカが対応している3Dデータが全て対象です。それに対して3D Evolutionは、ライセンス契約に基づいた3Dデータが対象となります。3Dデータ検証機能も3D Analyzerは、全ての検証機能が使用可能ですが、3D Evolutionは、やはりライセンス契約した機能のみに限定されます。3D Evolutionは、「3Dバッチ処理」が可能なため「3Dデータ変換」を処理した後に、「3Dデータ比較」により変換前データと変換後データの比較を行い変換保証行ったり、比較結果の差分面を任意のフォーマットに抽出保管したりします。

3Dデータ検証

◆ 「3D Evolution」の機能群

3D Evolutionの機能は、製造業において必要な機能で設計CADに搭載されていないまたは、搭載されているけどコストが合わない機能の集合体です。設計機能や加工機能はありません。主な機能として、設計CADにはトレランスの違いがあるため発生する3Dデータ変換のトラブルを修正する機能、加工できるかどうか3Dデータを検証する機能、取引先と機密データを共有する機能、出荷における梱包空間を瞬時に計算する機能が搭載されています。これらの機能で製造業のボトムネックになっているプロセスを改善します。3D Evolutionの処理スピードは早く、メモリーさえあれば、ノートPCで自動車一台分の3Dデータを読み込み処理します。