CADデータの変換

CADデータの変換

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

CADデータの変換

CADデータの変換について

◆ CADデータ変換の概要

「3D Evolution」は、異なるCADシステム間での3DAモデル交換を容易にする高性能なソフトウェアソリューションです。製造業の世界では、多様なCADシステムが使用されており、それぞれ独自のデータ形式を有しています。これにより、異なるプラットフォーム間でのデータの互換性が大きな課題となっています。「3D Evolution」はこの問題に対処するために開発されたツールであり、その核心機能は、異種CADデータの変換と整合性の保持にあります。

このツールの最大の利点の一つは、高度な「Brep変換(Direct translator)」です。Brepは、CADデータの幾何学的要素とその接続情報を正確に表現するために用いられる方法です。「3D Evolution」を用いることで、使用者は一つのCADシステムから別のシステムへとデータをスムーズに変換することができ、それにより製品開発プロセスの柔軟性と効率を高めます。

変換プロセス中、「3D Evolution」は自動的にデータの品質チェックを行い、エラーや不整合を検出します。このチェックは、国際標準であるSTEPファイル形式の品質要件に基づいており、適切なトレランス内での幾何学的整合性を保証します。発見された問題は、内蔵された「品質適正化(PDQ-S)」と「ヒーリング(Healing)」によって修正され、最終的な3DAモデルの信頼性を確保します。

また、この「Brep変換(Direct translator)」は、航空宇宙団体(LOTAR)標準およびドイツ自動車工業会(VDA)のガイドラインに準拠しています。これらの標準は、特に航空宇宙業界や自動車産業における長期アーカイブデータと型式認証データの品質を確保するために重要です。実際、EN9300に基づく型式認証データへの変換は、「3D Evolution」がサポートする核心的な機能の一つです。

CADデータ変換

2024年02月

◆ 効率的データ交換

「3D Evolution」は、製品開発の現場で必要とされる「CADデーのタ変換」の中でも特に高度な機能を持っており、さまざまなCADプラットフォーム間でのCADデータ交換を容易にすることで、製品設計と製造のプロセスを大きく効率化しています。異なるシステムを使用するエンジニアリングチーム間でのデータ共有における障壁を取り除くこの「CADデーの変換」は、プロジェクトの時間短縮とコスト削減に大きく寄与しています。

直接的なCADデータの保存を可能にする「3D Evolution」の機能は、特に異なるバージョン間でのデータ互換性を保証するために重要です。これにより、エンジニアはバージョンの違いに煩わされることなく、必要なCADデータに素早くアクセスすることが可能になります。その結果、プロジェクト全体の滞りない進行が可能となります。

「CADデーの変換」がサポートする中間フォーマットへの保存は、多様なCAD環境において幅広い柔軟性を提供します。Parasolid、JT、Acis、STEP、IGESといったフォーマットはエンジニアリング業界で広く使用されており、これらのフォーマットを介したデータ交換が可能となることで、異なるCADシステムを利用する多様なステークホルダー間でのコラボレーションが一層強化されます。

特筆すべきは、STEP AP242などの3DAモデルへの対応です。この標準に沿ったデータ表現を利用することで、「3D Evolution」はさらに効率的なデータ変換を実現し、その共有を容易にします。この進化する技術は、製品の品質と市場投入までの時間を最適化することに直接貢献しています。

また、プラグインを通じた「CADフィーチャー変換(Migration)」は、エンジニアがデータの精度と再利用性を高めるための強力なツールを提供します。この機能により、フィーチャーベースのデータを新たなCADシステムに効率的に再利用することが可能となり、製品設計の品質と速度の両方を向上させることができます。

クライスラー社の事例は、「3D Evolution」の機能が実際に企業のニーズに応え得るものであることを実証しています。CATIA V5からNXへのデータ移行プロセスを大幅に短縮し、企業にとっての大きなメリットをもたらしました。これは、異なるCADシステム間でのデータの流動性を高め、製造業におけるCADデータの価値を最大化するための道具として「3D Evolution」がいかに有効であるかを示しています。

CADデータの変換

2024年01月

◆ CADデータ変換のコマンド

2024年01月