ダイレクトトランスレータ

ダイレクトトランスレータ

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

ダイレクトトランスレータ

ダイレクトトランスレータについて

◆ 概要

「ダイレクトトランスレータ」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により開発されたCADインターフェイスを実装しています。開発されたCADインターフェイスは、殆どのCAEソフトメーカに供給されています。そのCADインターフェイスにより大容量3Dデータ(インプット情報)を高速かつ正確に読み取り、「3Dデータ変換」(B-Rep変換)、「CADフィーチャー変換」、「CADフィーチャー抽出」「CADデータ長期保存」、「簡易リバースエンジニアリング」を行います。バイナリー解析技術を使用している理由は、インダストリー4.0のように3D図面化が進んだ設計・製造プロセスを永続的に保証するためです。3D Evolutionの「ダイレクトトランスレータ」の実績は、航空宇宙産業界の設計CADデータの3D図面出力と長期保存、ドイツ自動車産業界の3D図面出力があります。どちらの実績とも変換母数が多く、バイナリー解析により、CADデータのリードスピードを早める必要があります。この「ダイレクトトランスレータ」は、インダストリー4.0の基礎技術として欧州に製造業では、使用していない企業はないと言われています。「ダイレクトトランスレータ」は、「3Dバッチ処理」に対応しています。この「3Dデータ変換」は、ISOの「CADデータ長期保存」に実務展開エンジンとしてPDQ-Sの開発に協力した国際標準のソフトウェアです。

ダイレクトトランスレータ

◆ 「ダイレクトトランスレータ」の特徴

✔ 3Dデータの高速・高精度変換


◆ 「ダイレクトトランスレータ」の関連機能

「ダイレクトトランスレータ」の関連機能には、B-Repを変換する「3Dデータ変換」、CADフィーチャを変換する「CADフィーチャー変換」、B-RepにCADフィーチャー情報を付加する「CADフィーチャー抽出」、国際的に決まっているCADデータの長期保存方法を提供する「CADデータ長期保存」、テセレーション(ファセット)または表示データがあればB-Repに変換して利用する「簡易リバースエンジニアリング」があります。


◆ 「ダイレクトトランスレータ」の変換方法

「ダイレクトトランスレータ」の変換方法は、3通りあります。まず最初の変換方法は、ダイレクトに変換先CADの生データに変換します。但しCADは、ある程度定期的に更新され幾何情報が変更される場合があり、更新情報を把握し幾何情報が更新されないCADに対してダイレクト保存し上位互換はCAD任せとします。その次にCADとの通信により、幾何情報をCADへ転送しCAD側で保存する方法があります。この方法は、「CADフィーチャー変換」で使用されますが、一般のB-Rep変換に対応可能です。但しCADライセンスが必要です。最後の方法として中間フォーマット変換です。中間フォーマットは、汎用性が高いフォーマットです。但し各CADメーカにより中間フォーマットの扱いに癖がありますが、どのCADメーカにも対応する中間フォーマット形式で出力します。

ダイレクトトランスレータ

◆ 資料:「3D変換ツール」をダウンロード(PDF)


◆ 資料:「エアバスの設計情報長期保管」をダウンロード(PDF)


◆ 資料:「ダイムラー社の3D変換」をダウンロード(PDF)