3Dデータ標準化

3Dデータ標準化

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dデータ標準化

3Dデータ標準化について

◆ 概要

「3Dデータ標準化」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により大容量3Dデータ(インプット情報)を高速かつ正確に読み取り、3Dデータの「PDQ適正化」・「ヒーリング」・「ステッチング」などにより品質向上を行います。3D図面など3Dデータを活用するプロセスにおいて3Dデータの品質を制御することがは重要です。3D Evolutionの品質エンジンは、Advanced Repair Technology(ART)と呼ばれている特殊な最適化エンジンです。CADデータを修正した場合に問題となるのは、修正後にアセンブリ拘束が行えないことなどが挙げられます。原因として、他の修正ソフトの最適化処理は、平面や円筒面などのプリミティブ情報を破壊するためです。3D Evolutionの品質エンジンは、プリミティブ情報を保護しながらCADデータの修正を行うため、プリミティブ情報が破壊されません。従ってアセンブリ拘束が可能です。この3Dデータ品質向上エンジンは、F35の多国籍、マルチCAD環境で使用が義務付けられています。今後、3Dデータの活用によりコストダウンが間違いなく行われます。その時に3Dデータの品質は、重要となり、品質が悪い場合は、3Dデータの流通過程において問題が発生することとなり、コスト高になります。海外の成功例は、自動車の設計・製造コストが半分になり、作成された3Dデータは、BOMや長期保存データに使用が可能となっています。この「3Dデータ標準化」は、「3Dバッチ処理」に対応しています。この「3Dデータ変換」は、ISOの「CADデータ長期保存」に実務展開エンジンとしてPDQ-Sの開発に協力した国際標準のソフトウェアです。



◆ 「3Dデータ標準化」の特徴

✔ 3Dデータ変換エラーの削減


◆ 「3Dデータ標準化」の関連機能

「3Dデータ標準化」は、CADデータを有効に活用するために必要な事です。3Dデータの流通が多くなった場合に目的に応じて変換作業が発生します。その時に3Dデータの品質の問題で変換ができない場合は、工数が発生します。また3Dデータが主流になった場合に3Dデータの長期保存が必要となります。日本国内のPL法でも10年は保存しておく必要があります。海外では、自動車データだと25年、航空機だと55年保存する必要があります。長期保存の目的は、事故が発生した場合に設計データを解析して事故原因を究明することに使用します。海外で実際に使用されている3D Evolutionの「3Dデータ標準化」の機能を紹介します。


◆ 「3Dデータ品質」の最適化プロセス

3次元CADが普及したした頃からエンジニアは3Dデータ変換に悩んでいました。そのような状況下である一定の対策をとりました。その対策は、3次元CADで使用しているトレランスを合わせることです。そのトレランスは0.02mmです。ところがそれだけでは解決できない問題が発生します。3次元CADでは、トレランスより小さい要素が計算の都合上作成されます。この微小要素は、「3Dデータ変換」でエラーになります。従ってその微小要素を除去しなくてはなりません。それがPDQ(Product Data Quality)の始まりです。更にPDQは発達し重複要素や捩じれ要素を検出できるようになり、3D図面や長期保存に変換する時は、標準で「PDQ適正化」が行われています。「PDQ適正化」を実行した場合、微小面を削除します。当然ながら削除された部分に微小な穴があきます。その穴埋めをするのが「ヒーリング」です。「ヒーリング」は、トリムラインの変更により穴を埋め込みます。穴のエッジ間にトレランスより大きな段差がある場合は、「ステッチング」でサーフェイスを変形して穴を埋めます。「ヒーリング」や「ステッチング」は、ART(Advanced Repaire Technology)と言われている修正技術です。特徴は修正後も形状のプリミティブな情報を維持します。つまり平面は平面、円筒面は円筒面のままです。このことは、修正データでもアセンブリ拘束が成り立つことを意味しています。ISOの長期保存を採用しているLOTAR(航空宇宙団体)のエアバス社は、A350からペーパーレスで航空機を製造しています。その時もこの3Dデータ品質向上プロセスを用いて運用しています。

3Dデータ標準化